口コミで話題沸騰!人気のグリーンスムージーを使った置き換えダイエット!

美味しいグリーンスムージーのレシピ

    

野菜や果物の摂取不足が気になる方が気軽に取り入れられる方法としてお勧めのグリーンスムージーは、自然な形で食物繊維を豊富に摂取できるようになることから、便秘が解消されるなどデトックス効果も期待できます。

同じ野菜や果物の組み合わせで作っても、日によって分量の比率を変化させるだけでも味の違いがあり、何通りもの味わいを楽しめる奥深さがあります。今回は、美味しいグリーンスムージーのレシピをいくつか紹介しますので、味の比較を楽しみながら是非真似をしてみてはいかがでしょう。

何種類もの野菜や果物を入れるイメージが強いグリーンスムージーですが、初心者の方や毎日続けるために面倒な思いをしたくない方は少なめの材料からスタートするのがお勧めです。

綺麗なグリーンが鮮やかな「小松菜入りのグリーンスムージー」は、バナナを加えることで自然な甘みが出せる上に、ボリュームが増して腹持ちが良くなります。好みでキウイを加えますとより鮮やかな色味となり、食欲不振な時でも取り入れやすくなります。作り方は、小松菜とバナナとキウイを刻んでミキサーに入れ、水を加えてスムージー状にするだけです。口当たりも滑らかで飲みやすいでしょう。

水で作るレシピが多いグリーンスムージーですが、牛乳や豆乳で作ることで野菜の苦みが苦手な方でも取り入れやすくなります。「ほうれん草のグリーンスムージー」は、ほうれん草と豆乳をミキサーに入れ、好みで砂糖やはちみつを加えるだけの簡単レシピです。砂糖やはちみつを加えても野菜だけでは臭いや苦みが気になる方は、リンゴやバナナなどの果物をプラスすることで、味の違いを楽しめますのでお勧めです。

更に乳製品が苦手な方や違う味わいを楽しみたい方には、野菜ジュースを使ってグリーンスムージーを作るのもお勧めです。小さな子供でも飲みやすく、野菜嫌いを克服できる良い機会となるかもしれません。加える野菜や果物は自由ですが、小松菜やバナナなどを入れますと、自然な甘みと鮮やかな色合いを楽しめるグリーンスムージーが簡単に完成します。

以上3種類のレシピを紹介しましたが、参考になりましたか?味の違いの比較を楽しめるのは手作りのグリーンスムージーならではでしょう。

何通りもの組み合わせが楽しめるだけでなく、自分に気になる症状に合わせて素材選びをすることで、健康や美容に関する知識を増やすことにも繋がります。また手軽な方法で日常生活に取り入れてみたい方は、粉末状のグリーンスムージーもオススメなので、是非試してみてはいかがでしょう。