口コミで話題沸騰!人気のグリーンスムージーを使った置き換えダイエット!

コンビニで買えるグリーンスムージーの比較

    

簡単な方法で健康維持や美容効果が期待できるグリーンスムージーは、大人だけでなく子供にも飲みやすく仕上げられることで、広く支持されています。自宅のミキサーを使用して野菜や果物を水と一緒にスムージー状にする方法で毎日楽しむこともできますが、最近のグリーンスムージーブームによって、より手軽な手段としてコンビニの商品を買って味わうこともできるようになりました。メーカーによって様々な違いがあるようですが、この機会に各社の商品を比較して違いを楽しんでみてはいかがでしょう。

店舗数と共に業績もトップのセブンイレブンでは、砂糖を使用せず自然な甘みを楽しめるグリーンスムージーのチルド商品が販売されています。190gと飲み応えがある分量で、これ一つでも十分満腹感が得られますが、食事の時に普段のコーヒーやお茶の代わりに水分として取り入れるのもお勧めです。

ローソンのグリーンスムージーはどうでしょう。飲み切りサイズの200gから紙パックサイズの400gまでありますので、用途や目的に合わせて商品選びができるのが特徴です。口当たりが良く飲みやすいのが特徴で、初めて試す方から他のメーカー商品との比較を楽しんでいる方まで、多くの方が味わいを楽しめます。

セブンイレブンやローソンは自社のプライベートブランドで製造されていますが、ファミリーマートはドール社のグリーンスムージーを販売しているのみで、特別自社で携わってはいません。フルーツジュースやバナナの輸入販売会社が製造している商品ですので、とても飲みやすく仕上げられていて、苦みや臭みが気になる方でも比較的気軽に試せるグリーンスムージー商品となっています。

以上大手3社で販売されているコンビニ商品を比較しましたが、参考になりましたか?人工甘味料などが加えられていることもあり、自宅でミキサーを使って作るよりも飲みやすいですが、その分高カロリーになっている可能性があるのがコンビニで販売されているグリーンスムージーになります。

ミキサー自体を持ってない方も多いことから、どのような方でも気軽にグリーンスムージーが飲めるコンビニ商品は、用途に合わせてそれぞれの違いを楽しむのも良いでしょう。ダイエットのためにグリーンスムージーにだけ頼る食生活ではなく、バランスの良い食事に加えて暴飲暴食後の調整に使用するなどしますと、無理なく健康的で美しい体が手に入ります。普段手作りで楽しんでいる方も、たまには違う商品を試してみるのがお勧めです。